おめでとうございます

真岡鐵道のSL新年号です。
このSLが米寿を迎えたので、ナンバープレートが赤くなっています。1月末までの限定とのこと。

お年玉つき年賀はがきの抽選が終わったので、チェックしていたらこんな番号発見

制作担当 JA1WTO / JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

お月様

ここのところ、関東は毎日晴天が続いています。
お月様も、綺麗に見えています。

あの、お月様が、反射板に見えてしまうのは、病気?
山の温泉などに出かけると、途中、マイクロ波の中継のため、反射板が設置してあるのに、出会うと思います。
最近、お月様がその反射板のように見え、電波を当てれば返ってきそうな気がしています。
実際に、返ってくるのですが、設備も技術もグレードアップしないと、それを確認するのはとても難しい。

かつて米軍が真面目に研究したことがあると聞いたことがあります。
私と同じように、感じたわけですね。

制作担当 JA1WTO / JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

北関東の430MHzは無法地帯・・・いや全国かも・・・

時々430MHzをスキャンしています。
バンド内は、バンドプラン無視のFM局がびっしりです。ほとんど局はコールサインを全く言いません。コールサインがないのか、あっても言わない、つまりすべて違法運用局です。どうやら、ハイパワー機を使っているようで、どの局も強いです。
取り締まりが追い付かないのが現状のようですが、なんだか、正直者が馬鹿を見る状況になっていないでしょうか。

違法局の多くが、地域で活動しているダンプのようです。それほど広くない範囲で活動しているので、430MHzのモービルアンテナ同士でも届く範囲のようです。
かつては違法CBが問題になりました。長距離を飛ばし、混信に勝つため大出力で運用していました。そのため、あちこちで電波障害を起こし、取り締まりも強化されました。でも今は携帯電話に置き換わったのか、違法CBはほとんどいなくなりました。
パーソナル無線という、今430MHzで違法運用している局の目的にかなった無線システムがありましたが、こちらも違法改造、大電力化が横行し自滅しました。
一方、430MHzの違法局は仕事グループ内での会話が目的なので、とんでもないハイパワーは不要です。きっと無線機は改造していません。しかも430MHzは広い。空いているチャンネルがいくらでも見つかります。

車の場合、運転免許を取り、車体にはナンバープレート。ナンバーなしで公道を走る勇気はありません。運転免許は無線従事者免許、ナンバーはコールサインなんです。コールサインを言わないのはナンバーが無い車で公道を走るようなものなんですが。

たしかに、無線は便利なんです。グループで会話するにはピッタリ。そうはいっても、正直者が馬鹿を見る状況だけは避けたい。何かうまい方法はないものでしょうか。

制作担当 JA1WTO / JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

はじめてのおつかい

先日、はじめてのおつかい の放送がありました。
以前から、この番組がとても好きです。はらはらどきどきしながら、子供たちの健気な姿を見ることができるからだと思います。
最近、歳とともに・・・・ご多分に漏れず・・・・涙もろくなってきましたが、あまり歳をとらない頃から、子供たちがやり遂げたあとの姿にいつも感動の涙です。

素直に涙するのはストレス解消になるそうなので、感動して泣きましょう。

制作担当 JA1WTO / JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ハムのラジオは、おかげ様で10年目をスタートすることができました。ここまで支えていただいた皆様に心より感謝いたします。
素人であることを忘れ、無鉄砲で始めた番組でしたが、多くの方より叱咤激励をいただき、ようやくここまで来ることができました。我慢強くお聴きいただいた皆様に本当に感謝しております。ありがとうございました。
これからもハムのラジオをよろしくお願いいたします。

ハムのラジオ 制作担当 よしはら

{ Comments are closed }

いろいろあった2021年、いよいよ大詰めですね。

2021年もいよいよ終わりになろうとしています。

コロナに翻弄された1年でした。きっと、いつかはインフルエンザと同じような扱いになると思いますが、まだ時間がかかりそうです。
しかし、そのおかげで、いままで凝り固まっていた、いろんなことに対する考え方が、柔軟になってきて、覆されるようなことも多くでてきました。
いろんな意味で、社会に大きな変化をもたらしたのがコロナだったと思います。

さて、来年はどんな年になるでしょうか。楽しみにして新年を迎えたいと思います。

また来年もよろしくお願いします。

ハムのラジオ ヨシハラ

{ Comments are closed }

今年もサンタさん、お仕事しています flightrader24で、追跡できます

毎年、NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)が、サンタさんが、今どの辺にいるか追跡しています。
今年もサンタさん、お仕事で世界中を飛び回っているようです。
さて、サンタさんの現在位置ですが、旅客機の追跡ができるサイト、flightrader24 でも見ることができます。

https://www.flightradar24.com/

航空会社は「Merry Christmas」、機体形式は「Sleigh」 登録番号は「HOHOHO」の北極発、北極行きの便名「SANTA1」が、飛んでいます。
早くしないと、サンタさんはお仕事終わって北極に帰ってしまいますよ! お見逃しなく!

ハムのラジオ 夢担当 JA1WTO/JH8AIW よしはら 

{ Comments are closed }

魅力度ランキング最下位の県に住んで、アマチュア無線の初心者サポートを考える

私の住む茨城県の魅力度ランキングが、今年、最下位に返り咲きました。個人的には、最下位に位置することは、中途半端な順位より目立つので、いいのではないかと思っています。実際に暮らしてみれば、おいしい物は多いし、寒さ暑さも極端ではないし、買い物にも不便はないし、自然も多く、我が家のささやかな庭にも野鳥はくるし、決して魅力度が無いとは感じていません。きっとそこに住んでみないと、魅力を感じることができない土地なんだと思います。

そんなことを考えていて、ふと、アマチュア無線も、同じではないかと思いました。アマチュア無線は幅広くいろんなジャンルがあり、どのジャンルも奥深く楽しめる趣味です。最近は、趣味にとどまらず、社会貢献活動を行ったり、科学実験、宇宙開発などの研究など、アカデミックな活動も多くなりました。そんな魅力度たっぷりのアマチュア無線ですが、何処が面白いの? 何が魅力? と問われた時、即座に返す言葉が見つかりません。よく、簡単に繋がらないから面白いと説明することが多いのですが、経験のない方には、それがなぜ面白いのか理解できないと思います。なので、まずは、体験してもらうこと、これが大切ではないかと、つくづく感じています。

アマチュア無線の免許の無い方が体験できる「体験局」が許可され、あるいは家庭内でも子供や孫、甥っ子姪っ子にも体験できる機会が許可されました。それにより、多くの方がアマチュア無線の面白さを体験し、まず免許を取ろうと思ってくれています。
でも、我々アマチュア無線家の課題は、その次のステップ。免許を取った後にアマチュア無線を続けてくれることではないでしょうか。それには、いろんなアマチュア無線のジャンルを体験し、アマチュア無線の本当の魅力を見つけてもらうことだと思います。ちょうど、魅力度最下位の茨城県だけど、住んでみたら魅力度たっぷりだった、と感じるようなことだと思いました。

そういえば、昔は近所にOMさんが居て、無線機を触らせてくれたり、学校や職場のクラブで移動運用したり、体験できる機会が多くありました。多くの初心者の皆さんにいろんなことを体験していただき、アマチュア無線の本当に魅力に接してもらいたいと考えるようになりました。そこで思いついたのが「初心者サポート局のネットワーク」。近所のOMさん、地域のクラブで、初心者をサポートしたいと思っています。賛同いただける方、大募集です。

ハムのラジオ 制作担当 よしはら

{ Comments are closed }

ボーイスカウトジャンボリーの思い出

昔から、ボーイスカウトの活動の一つに、アマチュア無線が入っているようです。

1974年に北海道の千歳で開催されたジャンボリーを見学したことがあります。会場は、自衛隊の演習場で、千歳原と呼んでいたようです。私はまだ、中学生でアマチュア無線を始めたばかり。ジャンボリで、特別局が開局されると聞いて、見学に行きました。きっと、特別局がなければ、行かなかったと思います。
特別局は、今は「8J」や「8N」のプリフィックスが使われますが、当時はまだその規則はなく、「JH8BSJ」が指定されていました。見学に行って、QSLカードや、バッチをもらってきたように思います。そのころ、アマチュア無線が流行りだして、どんどんコールサインの割り当てが進んでいましたが、北海道では、まだ「JA8」が割り当てられていましたので、その次のプリフィックスならOK,ということで、JH8が割り当てられたものと思います。

その特別局では、どんな周波数やモードで運用されていたのか、リグは何、アンテナは何、などなど、全く憶えていません。きっと、私自身がまだアマチュア無線初心者だったということもあって、よく解っていなかったようです。
ただ、運用場所にはテントがあって、その入り口には、丸太の門があり、コールサインが掲げられていたことは、なんとなくですが憶えています。

会場までは、バスの臨時便がでていました。バス路線は、途中、千歳川を渡ります。そのバスに乗って移動中、おそらく本州方面から来ていたと思われるバスの乗客が「水のきれいな川だな」と言ったのを聞いて、ちょっと誇らしくなった中学生でした。

制作担当 ja1wto 吉原

{ Comments are closed }

朝ドラ「おかえりモネ」が終わりました

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」が終わりました。最終回で出てきた漁船に、コールサインを発見。あれ、あのコールサイン、朝ドラが始まったときに見た漁船と同じか? ということは、同じ船? まあ、ドラマですから気にしないようにしましょう。
それと、最後の先生とモネが出会うシーンで、先生の後ろには、縮まった状態のクランクアップタワーとアンテナが、ぼんやりと見えました。海岸だと、錆びるから、メンテナンス大変そう、って、ドラマに集中せい! でした。

番組制作担当 JA1WTO よしはら

{ Comments are closed }