阪神淡路大震災から27年たちました。

あの日は、他工場で行われる会社の研修に参加するために、いつもより1時間ほど早起きしました。
朝のニュースで関西で大きな地震発生の一報。最初は京都やその他の地域で震度5の報道で、神戸からの震度情報はありませんでした。
ということで、京都付近で大きな地震があったようだ程度の認識で、出張のため電車に乗り移動。移動した先の研修所で驚きました。神戸がえらいことになっている、という報道です。
つまり朝一のニュースの時点では、神戸が壊滅的な状態になっていて、神戸から情報が発信できなかったわけです。
その後、研修の休憩時間は、ロビーにおいてあるテレビに釘付けです。つぎつぎと送られてくる神戸の状況に唖然としていました。

この震災以降、ボランティアが認知され、またコミュニティFM放送の重要性が広く知られるきっかけになったと思います。

亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りします。

ハムのラジオ 制作担当 JA1WTO / JH8AIW よしはら