今日は、鉄道のお話。
鉄道ファンでも廃線跡をたどる分野があるようですが、歴史をさぐる廃線跡の旅、なんとなく好きです。

下関で生まれた私は、父の転勤で静岡県藤枝市に5年程住んでいました。その自宅そばには、廃線跡があってよく覚えています。しかし、そこに鉄道が走っている頃、その路線に乗って内陸の藤枝から、海のそばに行ったような気がして(写真もあった)調べてみたら、静岡鉄道の駿遠線でした。廃線された時期を調べてみたら、私が藤枝に住むようになって間もなくでした。その鉄道に、廃止前に一回だけ乗ったようです。
その駿遠線は、日本一長かった軽便鉄道とのことで、藤枝付近から、海岸方面に向かい、大井川を渡って袋井まで達する路線でした。Youtubeで動画がたくさん公開されています。線路の間隔が狭い、小さな列車が走っていました。
そういえば、社会人になりたての頃、岡山の下津井電鉄に乗ったことがあります。やはり線路の幅の狭い、小さな電車で、ロングシートなのに膝を突き合わせて座る感覚でした。ここも廃線になってしまいました。

この軽便鉄道や、ライトレールのような路面電車、この先もっと見直されても良いように思います。茨城県で見ると、つくばのような大きな街には、鉄道が向いているように思います。自家用車が便利ですが、鉄道も、用地確保などが大変ですが、検討しても良いのではないでしょうか。

鉄道とは関係ないのですが、魅力度ランキングが発表されました。私が住んでいるのは茨城県は最下位、母は46位の佐賀県生まれ、私自身は42位の山口県生まれ。どうせどの県もランキングは下ですよ! でもでも、青春時代を過ごしたのは魅力度1位の北海道! まあ、どうでもいいことですが。

ハムのラジオ 制作担当 JA1WTO よしはら