さて、9月1日は防災の日。関東大震災が発生した日です。災害は忘れた頃にやってくる、とよく言いますが、全くその通りだと思います。日頃、備えておきたいものです。

日頃の備えと言えば水、食料、ラジオ、電池などもそうですが、防災訓練も大切だと思います。訓練をしていないと、災害時にはパニックになってしまいますが、事前の訓練でのシミュレーションで、自分の役割が見えてきて、パニックになりにくいようです。

さて、アマチュア無線家としては、通信確保ですか? ハンディ機を充電しておくことが大切ですが、時々使って操作方法を経験しておかないと、こちらでパニックになってしまいます。今の無線機は、操作難しいですからね・・・・・・
ところで、どういった内容の通信を行うのでしょうか? 危険が迫っている、孤立した、救助要請したいなどでしょうか。最近、アマチュア無線の社会貢献が明文化されたので、災害時の利用がしやすくなりました。音声通信ばかりが思い浮かんでしまいますが、データ通信網を提供することも可能だと思います。ただ最近はアマチュア無線でのデータ通信はあまり盛んではありません。でも、技術的には面白そうですね。高速データ通信の実験もやってみたいです。アマチュア無線だけでインタネット網ができると面白いですが。

ハムのラジオ 制作担当 JA1WTO よしはら