最近、テレビドラマや、ニュース映像などを見ていると、背景にアマチュア無線用と思しきアンテナが、目に入りませんか?
なんだか、とても気になります。

最近では、フジテレビ月曜夜9時から放送されている「イチケイのカラス」で、野球のシーンがあります。そのグランドのレフト側の奥の方に、SteppIRらしきアンテナがちらり。さっそく、ロケ地情報を検索し野球場を確認。発見! ありました! GoogleMapで見ると、その野球場のそばにアンテナが。

ドラマやバラエティだけでなく、ニュース映像にも度々アンテナが映り込みます。
とても印象的で忘れられないのが、10年前の東日本大震災のニュース映像で、街に建っているタワーの向こう側が、津波に襲われている様子でした。

ドラマといえば、小道具の無線機。最近は無線機メーカーの協力で、業務用らしき無線機を使うシーンが増えていますが、それでもアマチュア用無線機が並んでいることが多いですね。しかもかなり古い無線機。テレビ東京の「警視庁ゼロ係」では、事務所のシーンで機材棚に無線機が保管してあるのが写りますが、どれもアマチュア用。きっと、ボタン・つまみが多くて、いかにも機械、無線機という風貌だからかもしれません。逆に考えれば、無線を知らない方にとっては、無線機に区分はなく、どれでも「同じ」なのかもしれません。
そういえば、もう終わってしまいましたが、日本テレビの「嵐にしやがれ」では、トークシーンのセットの作業台に、TS-600か、TS-700が置いてありました。

それにしても、現場で袖口のマイクにつながる無線機で、遠く離れた本部と、無線だけでつながるのは、アマチュア無線家としてはちょっと不思議。
まあ、どのドラマもフィクションですから、ドラマを楽しみましょう。

過去とつながる無線機、欲しいなあ! IC-2Nを改造するとできる??!! 3Nの方がいいかな??

ハムのラジオ 制作担当 JA1WTO よしはら