FT8 送信のタイミング

ここのところ、コンディションが良く、どのバンドでも多くの局がでていて、特にFT8で出ている局が多く見えています。
そんな時、DX局が出てくると、一斉にその局を呼んでいる様子が見えます。画面にいっぱいコールサインが並び、いったい何局が呼んでいるのか数え切れません。

FT8でも、交互に電波を出して交信するわけですから、その様子は、DX局とそれを呼んでいる局、に綺麗に分かれるはずです。ところが、DX局が出ているシーケンスで、その局を呼んでい局が少なからずいます。同じシーケンスでは、永遠に交信できません。お互い同じタイミングで、送信しているわけですから。

慣れないうちは、操作を間違えて、こういう動作をしてしまうことがあるかもしれません。でも、その際、相手局が受信できないはずです。相手が見えないのに呼び続けているのでしょうか?
なんだかわからないけど、とりあえず、と、パイルに参加していませんか?

自動的に繰り返し送信できてしまうFT8モードですが、パイルに参加したら、PCに任せにせず、まめに相手局を見て、見えないときには送信は止めましょう。
もしかしたら、DX局に被っているかもしれません。まめにチェックをしていただきたいものです。

ハムのラジオ 制作担当 JA1WTO/JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

我が家の猫

我が家には、時々番組にも登場する猫さんたちが二匹います。どちらもメス。ひょっこり我が家に現れ、避妊手術後に、我が家の住人となりました。もう10年近く居て、すっかり家族となりました。

いまだに夜中や朝方に、お腹すいたと起こされ、ゆっくりしたいとソファーに座れば、膝に乗ったり、胸の上にのったりたっぷりと甘えてきます。かといって、昼間はマイペースでゆっくり昼寝。
体重たった3kgの小さな動物ですが、我が家のお姫様扱いです。

さて、この猫さんたち、人間に見えないものが見えるのか、誰もいない方向を見て、じっと見つめていることがあります。最近のお気に入りの場所が、仏壇の前なのですが、時々、仏壇の方を向いて、なにか聞いているような、誰かに声をかけてもらっているような、そんな仕草をします。
仏壇の中からも愛されているようです。

製作担当 JA1WTO/JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

強震モニタ

防災科学技術研究所が、全国で観測した今の各地の揺れの状況を配信している。
https://realtime-earthquake-monitor.appspot.com/

先の大震災以降、揺れには敏感になって、震度1程度のわずかな揺れでも感じることが多くなった。とくに地鳴り。あ、これは地震だな、と感じることがよくある。そんな時にこの強震モニタを見ると、案の定、地震が発生し、震源から広がっていく様子がモニタできる。
試しに画面に出しっぱなしにしてみると、気が付いたことが。日本中、常に揺れている。特に、東京を中心とした首都圏。小さな地震程度の揺れはいつも起きているようである。たしかに、人が動き、生産し、運ぶ等々、活動が行われている証拠だと思う。
でも、こんなに揺れていて地球に影響はないのだろうか。地球規模からみて、人間の営みなど誤差の範囲であれば問題ないけれど、これが地殻変動を刺激しているのかもしれないとなると、心配の種は気候変動に留まらない。
まあ、心配ばかりしてもしょうがないので、このへんで。

ハムのラジオ 制作担当 JA1WTO/JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

今日は雪

昨日、これから暖かくなると書いたばかりなのに、今日は雪が降っています。どうやら、ロシアの方から寒波が下りてきたいみたいです。

しんしんと降る雪、とよく言いますが、雪が降る日は、とても静かで大好きです。雪が音を吸い込んでくれます。
夜に降る日は、雪明りで明るいです。雪ですから雲があって、月など出ていないはずなのに、明るいです。
そして、青い空に真っ白な雪、そんなコントラストが、雪の止んだ後にやってきます。

北海道はどの季節がお勧め?、と聞かれることがありますが、いうまでもなく「冬」がお勧めです。それも厳冬期の2月。
痛いほどの寒さの先、暖かい部屋で緩む心と体。どなたも暖かく優しくなれます。

ロシアからの寒波が引いて、暖かくなる日が早く来てほしいものです。

ハムのラジオ 制作担当 JA1WTO/JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

暑さ寒さも彼岸まで

お彼岸です。
これから、どんどん暖かくなっていきます。すでにあちこちで、いろんな花が咲き始めました。

アマチュア無線家向けのオンラインの地図には、昼夜が判るように色分けしてあります。これは、電波の飛びに昼夜が関係するからなのですが、今日(3月21日)の世界地図を見ると、昼夜がきっちりと二等分されているのが分かります。昼夜同じ時間になる日なのでこうなりますが、なぜかこれを見るのが好きです。年に二回だけの特別な日ですね。

CQ WW コンテストからロシアとベラルーシ、ウクライナのドンバス地区(非公式の”D1″プリフィックス)からの参加は除外されました。アマチュア無線は平和でないと楽しめないことを改めて感じます。
平和な日々に、はやく戻ることを祈るばかりです。

ハムのラジオ 制作担当 JA1WTO/JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

またもや、ドラマのシーンでアンテナ発見

またもや、ドラマのシーンの背景に、アンテナ発見。今回は凄い! どうやら、430MHzか、1200MHzでEMEをやっているようなアンテナが見えました。

真犯人フラグの2月20日終わりごろと27日の初めの部分で、主人公の勤める会社の休憩室のようなところで、背景の窓の外に、アンテナが。そこれもEMEと思しき、空を向いたアンテナと、HFの大型のアンテナが、ぼんやりと見えます。アンテナの位置から、撮影されたのは、高いビルの高い階のようです。いろいろ探っているのですが、どこで撮影されたのかまだわかりません。

そういえば、2月27日のポツンと一軒家では、月刊FBニュースにも掲載された、JH4UHW局のコンテストステーションが放送されました。

それにしても、日本のアマチュア局は減っているとはいえば、あちこちで登場します。まだまだ数は多いということでしょうか。

制作担当 JA1WTO/JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

6m オープン

立春も過ぎ、陽射しに春を感じるようになりました。

春になると、ハイバンドのコンディションが気になります。ワッチしていると、昨年よりもコンディションは良さそうです。10mでは、ヨーロッパも聞こえるし(FT8の場合、見えてるですが)、ここ2~3日、6mでオセアニア方面がオープンしています。
ここのところ数年、6mのマルチホップにより北米や欧州とのQSOができているようですが、貧弱なアンテナには全く見えてきません。でも、オセアニアであれば、簡単なアンテナでも案外簡単にQSOすることができます。

春の陽気で、無線も心もウキウキの季節になってきました。

制作担当 JA1WTO よしはら

{ Comments are closed }

北京オリンピック

北京オリンピックが開幕しました。

いろんな競技で金メダルが期待されているようです。あまり大騒ぎせず、そっと応援しましょう。

小学6年生の間もなく卒業というときに、札幌オリンピックが開催されました。当時、北海道の千歳に住んでいましたので、身近な場所でのオリンピック開催でした。
また、当時はボランティアはあまり募集されていなかったようで、オリンピック運営には、北海道の職員である学校の先生も動員されたようです。そのため、開催期間中の2週間ほど、学校はオリンピック休みになりました。毎日開催される競技をテレビでたっぷりと観戦しました。
どの競技会場も1~2時間で行ける範囲でしたので、男子大回転と、スケート競技を観戦しました。
大回転は父と妹と三人で。大回転は長い距離を滑ります。なので、会場では選手の姿は、コース途中から見えてきて、コースの途中に消えていく、そんな感じでした。でも、世界トップクラスの選手が目の前を通っていくので、とても感激しました。
実は、回転競技のほうが、会場で見るのは面白かったようです。回転競技はコースが短いのと、コース整備が入るので、コース上には常に一人の選手です。しかも短いのでスタートからゴールまで見ることができます。そしてスピードも大回転ほどは速くなく、テクニックをじっくり見ることができたようです。たしか、入場券の抽選に外れて、大回転で我慢したように思います。
オリンピックの回転、大回転のコースは、その後一般スキー場となり、滑ったことがありますが、まあ、この急斜面?! 無理、と感じたことを思い出しました。
さて、スピードスケートは、クラスの担任の先生の引率でクラスの希望者10人ほどで出かけました。もしかしたら、小学生で無料だったか、格安チケットだったと思います。なので、真駒内アリーナの観戦席は、ずっと後方、高い所でした。ということは、400mのトラック全体が見えるのは良いのですが、選手が小さい。しかも5000m競技でしたので、選手はリンクを13周もします。小学生にはつまらない時間が続きます。結局、どんな選手が滑って、成績はどうだったか?なんて全然覚えていません。
会場に行くのに、札幌地下鉄南北線に乗りました。あのゴムタイヤで走る地下鉄です。当時はずいぶんと話題になりました。普段はバスばかりで鉄道を利用することがなかったので、大興奮です。あの地下鉄の加速と減速の急なこと。そしてゴムの匂い。確か、改札は自動改札機だったように思います。裏が茶色の不思議な切符でした。なんだか、途中で閉まらないかドキドキして通ったように思います。
というわけで、オリンピック観戦の思い出は、競技ではなく「先生と友達と乗った札幌地下鉄」となりました。

今回の北京大会は24回。札幌は11回なので、なんと50年も前? そうか、小学生6年生だから12歳だったか・・・・・

ハムのラジオ 制作担当 JA1WTO / JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

60mバンド(5MHz)

ITUではアマチュア無線に割り当てが決まった60mバンド(5MHZ帯)を、時々ワッチしています。
この周波数は、日本ではまだ許可になっていませんが、多くの国で許可されていて、アマチュア無線の電波が出ています。
私が好きなデジタルモード「FT8」も出ていて、このブログを書いている間にも、台湾、フィリピン、米国が見えていて、米国の局はニュージーランドとQSOしていました。先日は南米も見えていました。
まだ出ている局数は少ないですが、どうやらよく飛びそうな感じがします。

早く許可してくれないかな。

制作担当 JA1WTO / JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }

阪神淡路大震災から27年

阪神淡路大震災から27年たちました。

あの日は、他工場で行われる会社の研修に参加するために、いつもより1時間ほど早起きしました。
朝のニュースで関西で大きな地震発生の一報。最初は京都やその他の地域で震度5の報道で、神戸からの震度情報はありませんでした。
ということで、京都付近で大きな地震があったようだ程度の認識で、出張のため電車に乗り移動。移動した先の研修所で驚きました。神戸がえらいことになっている、という報道です。
つまり朝一のニュースの時点では、神戸が壊滅的な状態になっていて、神戸から情報が発信できなかったわけです。
その後、研修の休憩時間は、ロビーにおいてあるテレビに釘付けです。つぎつぎと送られてくる神戸の状況に唖然としていました。

この震災以降、ボランティアが認知され、またコミュニティFM放送の重要性が広く知られるきっかけになったと思います。

亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りします。

ハムのラジオ 制作担当 JA1WTO / JH8AIW よしはら

{ Comments are closed }